切らない方法を利用する|理想の二重は城本クリニックで作れる|コンプレックス解消に役立つ

理想の二重は城本クリニックで作れる|コンプレックス解消に役立つ

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

切らない方法を利用する

婦人

機械を利用する方法

脂肪吸引の中でも近年注目度が高まりつつある方法が、切らない脂肪吸引です。これまでは身体にメスを入れて脂肪を除去するのが一般的でしたが、切らない脂肪吸引の場合は機械や注射を利用して脂肪を除去することができるので身体への負担も少なくて済むのです。切らない脂肪吸引の中でも特に機械を使用する治療方法は年々進化してきていると言えるでしょう。ライボソニックスやゼルティックと言った機械が誕生しており、特にライボソニックスは身体のあらゆるパーツに対応できるので、切らない脂肪吸引機械の中でもトップレベルと言って良いでしょう。また、ライボソニックスは切る脂肪吸引同様でリバウンドも起こりにくいと言われています。このような、機械を利用した切らない脂肪吸引の場合、クリニックによって導入する機械が違ってくるので注意が必要です。事前にホームページを見て機械の種類をチェックしておくのが良いでしょう。

注射は広く利用されている

切らない脂肪吸引の中でも機械治療よりも広く利用されているのが注射を利用した方法です。特に脂肪溶解注射は国内でも数多くのクリニックで導入されている方法と言えるでしょう。脂肪溶解注射の場合、二の腕や膝周りなどの小さいパーツでも簡単に注射できるので、部分痩せをしたいという人に人気の高い施術方法となっています。また、脂肪溶解注射の場合、施術時間が極めて短いのも1つの特徴です。1回の注射にかかる時間は5分から10分程度なので、仕事帰りや学校帰りでもすぐに利用することができるのです。しかし、脂肪溶解注射は、1回の注射で除去できる脂肪の量が切る脂肪吸引よりも少ないので注意が必要です。大量に脂肪を除去したいという場合は何度も脂肪溶解注射を打つ必要がでてくるので、その点はクリニックのドクターとしっかり話し合ってから決めるのが良いでしょう。